いわき・うぶすな広場だより

アクセスカウンタ

zoom RSS きゅうりの塩漬け・・・韓国料理研究会 Part3

<<   作成日時 : 2009/10/24 09:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

「きゅうりの塩漬け」です。
白いご飯と一緒に食べますと、最高です。
きゅうりのお買い得の時に作り置きしますといいです。


画像

「きゅうり」を和えた状態です。

画像

今日の料理です。

画像

今日の雑穀米ご飯です。

画像

今日のデザートです。

韓国料理研究会  第42回レシピ
平成21年10月21日(水)

< きゅうりの塩漬け>

材料;

きゅうり             6本
塩                20g
水                800〜1000cc


作り方;

1.きゅうりはきれいに洗います。
2.容器にきゅうりを並べひたひたになるまで水をいれてから、
  ざるに上げて水をとっておき、
  どのくらい量が必要か計っておきます。
  きゅうりはまた容器に戻しておきます。
3.鍋に2の水と塩をいれ、ぶくぶく沸騰させます。
4.アツアツの塩水をきゅうりに一気にかけます。
5.塩水に漬かるように、上から重石をしておきます。
   (そのまま2日間おいて置きます)
6.長く保存したい場合は漬けている塩水をとり、
  また火にかけ沸騰させます。
7.2回目以降は沸騰した塩水を完全に冷ましてから
  きゅうりの容器に注ぎます。
8.食べるときはきゅうりを薄く切り塩抜きしてから
  水気をよく絞って、
  粉唐辛子、砂糖、ごま、ごま油などで和えます。


3品目は
「きゅうりの塩漬け」です。

これを作り置きしますと、
食が進む優れものです。


いのしし君は「きゅうり」を作りますので、
大きくなった物や曲がったものを
この方法で主に夏に作ります。
すぐなくなってしまいますが・・・・・

曲がり「きゅうり」などで
お買い得な時に大量に仕込み、
作り置きしますといいですね。
覚えておき、そのようなときに作るのにいいです。

今日は、どちらかといいますと
短時間にできておいしい
また保存食でした。

清水先生
今日は大ブレーク中の「ブゴクック」
見た目も美しくおいしくできました。
ありがとうございました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
きゅうりの塩漬け・・・韓国料理研究会 Part3 いわき・うぶすな広場だより/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる