いわき・うぶすな広場だより

アクセスカウンタ

zoom RSS 「じゃんがら」と「ぢゃんがら」・・・いわき地域学會市民講座

<<   作成日時 : 2010/02/25 11:43   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

いわき市生涯プラザフェスティバルでの「盆踊り」の絵でした。

画像

夏井先生の「ぢゃんがらぢゃんがら」で「じゃんがら」が
いついわきに伝えられたかが、詳しく書かれています。


画像

以下クリックして大きくして見てください。
夏井先生のレジメです。
高木誠一著「石城北神谷誌」から「ジャンガラ念佛」が書かれています。


画像

「盆」について書かれています。

画像

「念佛講」のことが書かれています。

先週の土曜日、
いわき市生涯学習プラザフェステイバルのボランティアを
少し抜け出して、
いわき地域学会市民講座第258回に参加しました。
会場はいわき市文化センターで、
参加者は40名前後でした。

「ぢゃんがら」「盆踊り」「念佛講」
・・・高木誠一著「石城北神谷誌」を手掛かりに


講師は、夏井芳徳(いわき市地域学會 副代表幹事)でした。

「じゃんがら」(夏井先生は「ぢゃんがら」)はいついわきに伝えられたかは、
諸説がありましたが、昨年1月に新しい資料が見つかり
「じゃんがら」の歴史がわかってきたことを
昨年より4回くらいの夏井先生の講座でお聞きしました。
様々な角度からのお話を…

いわきには1656年(明暦2年)陰暦で7月15日、
PM6:00ごろ沢村勘兵衛の1周忌に江戸からいわきに伝えられた。
(内藤家の家老で「穂鷹家の御内用故実書」に書かれていました。)


1)「ぢゃんがら」と「じゃんがら」の違いについて

 今のじゃんがらの姿は
じゃんがら念仏踊りの一団がやって来て輪を作り
(歌を歌いながら手踊り)=盆踊り をし、それが終わると
(太鼓と鉦による「ぶっつけ」)=念仏踊り  が始まった。
ですが、すなわち(歌と手踊り→念仏踊り)です。

江戸時代・明治時代は上記のような姿ではなかったと?

そこには現在とは違う様相があったと。

「ぢゃんがら」→「じゃんがら」  とは?

現在のじゃんがらは念仏踊りと盆踊りがドッキングしたものですが、
最初にいわきに伝えられたものは、「念仏踊り」のみだったと。
江戸時代後半に「盆踊り」が北部(岩手や秋田)からいわきに入り
念仏踊りとドッキングして今のような形になったと。
ですから、夏井先生は「じゃんがら」の呼び名は
「ぢゃんがら念仏・盆踊り」が正しいのでは話されていました。

2)「じゃんがら」の今と昔はどう違うのか?

@一番最初は「ぶっつけ」=念仏踊りのみ。
 (太鼓を打ち鉦を打つ。)

A明治45年〜大正15年くらいまでは
 念仏踊り(太鼓と鉦)→盆踊り(歌と踊り)と今と逆でした。

B現在では上記のように
 盆踊り(歌と踊り)→念仏踊り(太鼓と鉦)になりました。
 大正時代から現在までのどこかで変わってしまったと。


昔は念仏踊りを先にして盆踊りはえんえん(延々)続けらてたといわれます。
今、盆踊りは2番までで、その後念仏踊りへと続く形になっています。

3)「じゃんがら」はだれが主役?


 「じゃんがら」は若者が主役と思いきや、
 高木誠一さんの本によりますと、
 「念佛講」に集まった60歳を過ぎた隠居された倶楽部が主役で、
 毎月二十四日の月念佛・盆・彼岸・虫供養(十月初め)・
 馬頭観音・薬師・そのほか、雷神・雨乞・テントウ念佛
 など様々な場面で踊られていたようです。


夏井先生が「ぢゃんがら」にこだわる理由が理解できました。
「じゃんがら」も歴史があり
現在の様式になってきたのがよくわかりました。

夏井先生ありがとうございました。
「ぢゃんがらぢゃんがら」の本も面白かったです。


いわき地域学會の市民講座とは
吉田隆治(新いわき地域学會代表幹事)さんが、
市民による市民の為の講座で、昭和60年3月25日に始められて、
25年で、今回で258回を迎えられると話しておられました。
これからも続けてほしい事業です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「じゃんがら」と「ぢゃんがら」・・・いわき地域学會市民講座 いわき・うぶすな広場だより/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる